HOME
ストラップ
干支(えと)のストラップ
ねこのストラップ
その他のストラップ
縁起はりこ
招きネコ
福助など
harikoオルゴール
はりこの製作
雑学
ちょっとだけ・・風水
ちょっとだけ・・和紙
LINK

ちょっとだけ・・・和紙


 字や絵を書き留める紙を代表に、傘、提灯などの日用品、紙衣や雨合羽などの衣料、そして襖や屏風などの建築装飾材料、凧や人形の玩具などまだまだ沢山あります。
 化粧の油とり紙もそうですね。 あれは元々金箔を作るときに使われていたんです。

手漉き和紙の四材

 初期の繊維材は麻、楮、雁皮でしたが江戸時代になって麻に替わって三椏が使われ始めました。これに繊維を均一に分散させたり絡まりを良くするためにトロロアオイという草の根から抽出した粘液を混合します。
 この四つの材料が和紙の素なのです。

(楮=こうぞ・三椏=みつまた・雁皮=がんぴ)
お日様と水と温度

 紙漉きには欠かせない重要な自然です。
樹皮から繊維を取り出し精製すること、より白い紙を作り出すのには低い気温と強い光線が必要で、雪国に生産地が多いのもこれらの条件を満たすことが多かったからでしょう。
お札の紙は・・・

 主原料は三椏で緻密な紙質と印刷が精緻に出来ることなどが上げられます。現在でもその詳細は公表されていません。
 江戸時代には藩によっては統制品として藩財政に貴重なものでもあったようです。
庶民が使えるようになったのは・・・

 一般庶民が広く使えるようになったのは江戸時代になってからで、紙は公家や武士の上流階級、社寺などで主に使われていました。江戸時代も安定最盛期に入ると需要が伸び瓦版や錦絵、日用品や玩具に幅広く使われました。
染め紙(いろがみ)

 様々な色彩に染めた紙があります。
着色には染料と顔料があって主な染料は藍、紅花、蘇芳、胡桃、カリヤスなどの草木を原料にした草木染めなのです。化学染料が使われ出したのは19世紀に入ってからです。
 顔料には墨、ベンガラ、胡粉などが使われていました。
和紙の紋様

 様々な表情の紙面には多くの技術が培われ育まれています。
 漉くときから仕組まれたもの、金銀を撒き散らす砂子細工、墨流し、木版刷りなどの型押し、現代ステンシルに通じる捺染などが代表的なものです。お札などの透かし紋様もそれらの技法の一つです。


紙を貼った襖と障子

 奈良正倉院の古文書には障子に紙を貼ったという記述があるそうですが、この頃の障子とは衝立のことを指し、現在の障子とは異なります。本来障子とは前記の他に屏風や戸などのことなのです。その後板戸の板に変えて紙を貼った襖障子(現在では単に襖と呼んでいる)が登場しました。

 明障子(今でいう紙貼り障子)が普及し始めたのは鎌倉時代の中頃以降のことで、それまでは板障子や板襖で、寒い季節は閉め切って暗がりで暮らしていたことが想像できます。

 外の光を取り入れて室内が明るくなり、外気を遮って冬の寒さを遮断するこの優れものは大変喜ばれたことと思います。


主な手漉き和紙の産地
東山和紙 岩手県 越後和紙 新潟県
鳥山和紙 栃木県 西の内和紙 茨城県
二俣和紙 石川県 美濃和紙 岐阜県
越前和紙 福井県 若狭和紙 福井県
黒谷和紙 京都府 丹後和紙 京都府
吉野和紙 奈良県 名塩和紙 兵庫県
因州和紙 鳥取県 出雲和紙 島根県
石州和紙 島根県 阿波和紙 徳島県
伊予和紙 愛媛県 土佐和紙 高知県
八女和紙 福岡県 その他多数
copyright2011 harikopia&ROUND SQUARE Allrights reserved